欧米ではニキビ治療として人気となっているトレチノインというニキビの薬はビタミンAの誘導体であり、ビタミンAの50倍から100倍と言われています。
日本でもクリニックや市販でも購入できるようになっており、皮膚に塗って使用できます。

トレチノインは、角質をはがし、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑え、皮膚の中でコラーゲンを増やしてくれる効果があります。
毛穴に詰まったものも押し出してくれます。
一般の化粧品とは違い、皮膚の再生を促して深い層にあるメラニン色素を排出するピーリング作用がありますから、シミや弾力低下、皮膚のハリ、ニキビ跡の改善に効果があります。

通常はこのサイクルには4週間かかると言われていますが、トレチノインを使用することで、このサイクルが2週間と短縮することができます。
ターンオーバーが長ければ黒ずみの原因になってしまいますが、ターンオーバーが短縮されると、黒ずみを避けることができます。

ニキビ跡により黒ずみや赤みが残っていたり、クレーターになってしまったりと人によっては深刻になるまで悩まされますが、強力なターンオーバー効果により、悩みは解消される確率は高いです。
ニキビ跡やクレーターが目立たなくなる上に、新しいニキビもできにくくなる効果がありますから、今後のクレーターの予防にも繋がります。

トレチノインは朝と夜に洗顔後の清潔な肌に塗るだけですが、冷蔵庫保管となり、一度開封すると徐々に効果が薄くなってきてしまうので若干扱いに気をつかう部分はあります。
ニキビ跡に絶大な効果があることを考えれば試してみる価値は十分にあります。
強力な効果が期待できる分、安全については心配されがちですが、トレチノインはFDAに認可されているので安全性が高く安心して使用することができます。
また、トレチノインは誰でも血液中にごく微量に流れているのであり、アレルギー反応を起こしたり、抗原抗体反応を起こしたりするようなこともありません。

トレチノインの初期段階時は肌に赤みが出る

肌の再生力に期待できる分、強力なターンオーバーのため、初期段階には皮膚に赤みや熱く腫れたような感覚になり痛くなることもあります。
そのためファンデーションを塗るのも辛くなることがあり、トレチノインの使用を途中で止めてしまおうかと思う人もいます。
しかし、一度止めてしまうと再開するときにまた痛みを我慢することもあり大変なので、使用する量を調整することで続けやすくなります。

また、トレチノインは一度開封してしまうと、徐々に効果が落ちてきてしまうので、1カ月以内を目安に使用した方がいいことを考えると、中断するよりは量の調整の方がいいでしょう。
それでも心配な場合は、トレチノインクリームには濃度別で選択できるので、まずは初めての方には低濃度のものから始めてみるのもいいです。
一番低いもので0.025%から入手できるので探してみましょう。

まずは夜に低濃度のトレチノインを使用し、翌日は一日明けてから、三日目に再びトレチノインを使用します。
すると塗布した部分の皮膚が剥けてきます。その際に徐々に赤みが出たり、痛みが伴う場合もありますが、続けて毎日使用します。
ニキビ跡が酷いところだけ塗るだけでも効果があります。顔中皮が剥けた状態なので、しばらくは見た目がよくないかもしれません。
それでも18週ほども経てば確実なピーリング作用により、ハリや弾力のある白い肌が見えてくるようになります。

改善が見られるまでは、その間我慢を強いられることになりますが、初期段階を乗り越えられたら、楽になってきますから無理のない範囲で続けるといいでしょう。
お仕事をされている女性は長期休暇前に合わせて始められたり、またマスクをして出勤して誤魔化すのもいいです。