シミができる原因の多くは、紫外線にあることはご存知でしょう。
紫外線を多く浴びることによって、皮膚の中のメラノサイトがメラニン色素を作り出します。
これにより、紫外線によるダメージが食い止められるのですが、過剰に生成されたメラニン色素が肌に残ってしまい、これがシミとなって残ります。

そのためシミを防ぐには、過剰なメラニン色素を作らないよう、ふだんから紫外線対策をしておくことが、とても重要になります。
外出時には帽子や日傘を使って日光をさえぎり、紫外線をブロックするようにしましょう。
もちろん、日焼け止めも忘れずにつけ、こまめに塗り直すようにしましょう。

ただし帽子や日傘を使っていても、あるいは日焼け止めを塗っていても、日焼けをしたとかシミができてしまうということもあります。
そのような時は、体内外から紫外線対策を行うようにしましょう。体内外という以上、体内からの紫外線対策も大きな意味を持ちます。

体内からの紫外線対策というと、まず頭に浮かぶのは食物です。
特に紫外線対策にいい栄養素といえば、ビタミンCという人も多いでしょう。
ただしこの場合気をつけたいのは、ビタミンCを含む食品の中には、ソラレンという成分を含む物があり、これは紫外線を吸収する働きがあります。

ソラレンを含む食品にはオレンジやレモン、グレープフルーツやキュウリ、セロリなどがあります。
ですから外出する前にこれらを摂るのは避けて、紫外線を浴びた日の夕方以降に摂るようにしましょう。

一方ソラレンを含まずビタミンCが豊富な食物としては、トマトやイチゴ、バナナ、ニンジンやリンゴなどがあります。
こういうのは外出前に摂っても大丈夫なので、定期的に摂るようにしましょう。またビタミンCは、少量を一日何度かに分けて摂るようにすると効果的です。

ただ毎日のようにビタミンCを摂ることができないという人は、サプリメントや、ビタミンCを含んだドリンクなどでも摂取することができます。
毎日こまめに摂ることを心がけましょう。

紫外線が多くあたる予定の前日は肌パックがおすすめ

それから明日は外に出ることが多いという時は、夜の内にパックをしておくといいでしょう。
パックによって肌を十分に保湿することで、紫外線に対して強い肌になることができるからです。

なぜ保湿をすると紫外線への抵抗力が増すのか、それは角質層に潤いを与えることで、肌のバリア機能が高まるからです。
逆に乾燥した肌はバリア機能が弱くなり、肌の内部まで紫外線のダメージを受けやすくなってしまいます。

つまり肌が乾燥すればするほど、紫外線が中まで入り込んでシミができやすくなってしまいます。
ですから紫外線に負けない肌を作るには、まず保湿成分の多い化粧品を使って肌をほぐし、角質層に十分な水分を補う必要があります。

これらの保湿化粧品、あるいは前日に行う保湿パックには、保湿力の高い成分が配合された物がお勧めです。
保湿成分としてはセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンやプロテオグリカンなどがいいでしょう。
また化粧品の使い方にもこつがあります。
化粧水は時間をかけて浸透させる、前日のパックは必ず時間を守るなどといった点にも気をつけましょう。

また外に出る前のケアは保湿を中心、夜のケアは美白を中心にすると効果が持続でき、シミも早くなくなって行きます。
紫外線対策というと、つい美白のみを考えがちですが、あくまでも保湿プラス美白ということを忘れないようにしましょう。

それから日頃のお手入れ以外に、普段の生活にも気を配るようにしましょう。
特に糖分や炭水化物を多く摂ると、乾燥気味になりますので注意してください。
また不規則な生活をしていると、それだけターンオーバーが鈍り、シミのもととなるメラニン色素の排出ができなくなります。
早寝早起きを心がけることも大切です。