お化粧でシミを消すためには、まず正しいコンシーラーを選ぶことが重要です。
コンシーラーは肌の色味よりも暗めのものから明るめのものまで様々なものが販売されていますが、シミを消すことが目的である場合は、自分の肌の色味よりも若干暗めの色のものを使用します。
ぎゃくに明るめの色味を選んでしまうと、目だってしまう事がありますので、注意が必要です。

パウダー系ファンデーション使用の際のシミを隠すコツ

コンシーラーとファンデーションの使用方法はファンデーションの種類によって異なります。
パウダー系のファンデーションですが、まずは、化粧水などで肌を整え化粧下地を伸ばします。
その後シミに上にコンシーラーを乗せ、この時にシミの大きさよりも少しだけ大きく塗るようにします。
その部分を優しくトントンと指でたたきながら、ぼかしていきます。
コツはただ塗るだけではなく、周りをぼかしていくことで、目立たずに自然な仕上がりになります。
その後、ファンデーションを顔全体に塗って、仕上がりです。

リキッド系ファンデーション使用の際のシミを隠すコツ

リキッドタイプのファンデーションの場合は、肌を整えた後、最初にファンデーションを全体に塗ります。
その上から、気になるシミの部分にコンシーラーをのせ、パウダーの時と同様に指で優しくぼかしていきます。
もし、一度コンシーラーを塗ってもきちんとカバーできていないようでしたら、ほんの少しのファンデーションをのせて、再度指やスポンジ等を使ってぼかします。
最後にフェイスパウダーをのせて完成です。
この時、フェイスパウダーをコンシーラーを塗った部分に上から軽く押さえるようにのせると、シミを隠した部分が分かりにくく、ムラも防いで美しく仕上げることができます。

ポイントは少しずつのせていくこと

リキッドタイプの場合もパウダーの場合も、コツはごく少量ずつコンシーラーをのせていくことです。
隠したいあまり、一度にたくさん塗ってしまうとムラや化粧崩れにつながってしまいますので、少量ずつ丁寧に優しく塗っていくことがポイントです。

肌の色に合ったファンデーションならシミが目立たない

シミをお化粧で消したいと思った時にはコンシーラーを上手に使ってお化粧をすることがコツです。
お化粧をする前に化粧下地の段階で、ある程度シミが目立たないようにしておくと、その後でファンデーションを圧塗りする必要がないのでお化粧が綺麗に仕上がります。

またコンシーラーで目立たないようにシミを隠した後に使用するファンデーションの色も大切なので、ファンデーションの色は慎重に選ぶようにしましょう。
せっかく上手にシミを隠すことができても仕上げのファンデーションの色が肌に合っていないと、隠したはずのシミが反対に目立ってしまうことがあります。
肌の色よりも少し暗い色のコンシーラーを使用しているために、ファンデーションの色が明る過ぎるとシミを隠したコンシーラーの色がファンデーションの上からも見えてしまい、隠してあるシミが目立ってしまいます。

そのようなことにならないように気をつけておく方法はファンデーションの色をきちんと肌の色に合わせることです。
つけた時に肌を明るく見せる色よりは、肌にしっとりとなじむような色みのものを選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

またリキッドタイプのファンデーションを使用する時には、リキッドファンデーションの上からコンシーラーを用いてシミを隠します。
この時にコンシーラーが目立ってしまう時には仕上げにフェイスパウダーを使用すると肌全体が均一になりナチュラルな感じに仕上がりにできます。
フェイスパウダーを使用することで、リキッドファンデーションとコンシーラーの境目が目立たなくなるので、シミの部分も他の肌とよくなじむようになります。
この時も肌の色に合ったフェイスパウダーを使用することが重要です。